サイトマップ

お茶の保存方法

常温保存が最適

お茶は常温保存が最適です。暖房の近くやにおいの強いものの近くを避け、日光の当たらない涼しい場所で保管しましょう。

特に開封後は、湿気やにおいの吸収を防ぐために気密性の高い容器で保存することをお勧めします。買ったときの袋のまま保存する場合は、毎回空気を外に押し出すようにしてから、クリップなどでしっかり口を閉じておきましょう。

お茶を冷蔵庫に入れていませんか?

お茶はとってもデリケート。気温や湿気、光で成分が変化して、味や香りが変化していきます。「それなら冷蔵庫に入れたら良いのでは?」と思われるかもしれませんが、実は冷蔵庫はお茶の保存には適していないのです。

お茶はにおいを吸収する性質がありますので、冷蔵庫に入っている他の食品のにおいが移ってしまうのです。また、冷蔵庫から出したときの茶葉と外気の温度差で露が発生して湿気を吸ってしまうのも変質の原因になります。

やむをえず長期保存したい場合には

お茶の味を楽しみたいなら、長期保存はおすすめできません。けれども、いただきものが重なった時など、やむをえない場合もありますね。

こういうときは、未開封の場合のみ、冷蔵庫(冷凍庫)で保管してください。ただし、ひとつ気をつけていただきたいことがあります。

それは、冷蔵庫(冷凍庫)から出してすぐに開封しないことです。露の発生と湿気の吸収を防ぐため、必ず常温に戻るまで待ってから開封してくださいね。そして開封後は冷蔵庫(冷凍庫)に戻さずに、常温で保存しましょう。

風味ゆたかなおいしいお茶は、心をほっと和ませてくれるものです。できるだけ短期間で飲みきれる量をお求めになり、保存期間を短くすることも、おいしくお茶を召し上がるコツだといえるでしょう。

English guide 心斎橋店ブログ 祝・創業百五十年

最新記事一覧